気になる番組~小さな村の物語イタリア

あまりテレビは見ないのですが、お気に入りの番組が二つだけあります。ひとつはこのブログでもよく書く「やまと尼寺精進日記」(NHKEテレ)、そしてもうひとつが、ずっと気になっていた番組「小さな村の物語イタリア」(BS日テレ)です。

昨日は仕事が早く終わったので、「小さな村の物語イタリア」を初めてじっくりと見ることができました。BS日テレで毎週土曜日18:00~18:45。

この番組はもう何年も前から放送しているのは知っていましたが、なかなかゆっくり見る機会が無かったのです。でもやっぱり好きです、この番組。

10年以上も続いている番組

改めて調べてみると、何とこの番組はもう10年以上も続いていることが判明。2007年に第一回目がスタートし、2019年の4月には300回記念の二時間スペシャルがあったようです。見なかったのが残念!

これだけ続いているということは、けっこう人気があるという証拠です。民放ですから視聴率が悪いと、すぐに削除されてしまいますからね。

どんな番組?

舞台はもちろんイタリア。しかし観光でおなじみのローマやフィレンツェ、ミラノなどとは全く違う、時間がゆっくりと流れる静かな村。もちろん人口はごくわずか。

番組では毎回イタリアのひとつの小さな村を取り上げます。そしてそこに暮らす人たちの日常を紹介。いつも二人くらいの人に焦点を当てて物語は進みます。ただこの人たち、カメラ目線はほぼゼロ。「そのままの姿」をカメラは追っていきます。

ナビゲーターは俳優の三上博史。イタリアをこよなく愛するという彼の落ち着いた語りが、内容としっくり合います。

その魅力とは

この番組の魅力は、その土地で生まれ育ち、そこに根を張って生きる人を主人公にしているところです。田舎暮らしに憧れて都会から移住してきた人の話ではありません。

田舎へ移住しても、不便さと慣れない人間関係などに耐えられず、都会に戻ることが多いというのが、日本ではよくある話。

しかしこの番組に登場する村人たちは、その土地の空気をずっと吸いながら暮らしてきた人たちです。伝統や文化を誇りに思い守り続けて生きています。

イタリアですが、ファッショナブルな華やかな雰囲気は全くありません。ただあるのは村での毎日の生活。働く、料理する、食べる、祈るという人間生活です。

幸せのある場所

昨日見たのは、サン・ジュリアーノ・デル・サンニオというローマの東にある小さな村の物語でした。食料品店を営むマルガリータと牛飼いのセベリーナという二人の女性の日常を紹介。彼女たちの姿を通して、幸せとは何かを考えさせてくれます。

マルガリータは店を営みながら、10人ほどの身内のために昼食を作ります。「しあわせのすべてが食卓にある」がごとく、毎日毎日一生懸命作ります。また牛飼いのセベリーナは自分の仕事を愛し、家族のためにずっと働き続けてきました。二人とも本当によく働きます。

セベリーナだったでしょうか?これまで村を出たのは一度だけだといっていました。だからといって不満があるわけではないのです。彼女は自分の生き方に後悔はありません。自家製チーズに石窯で焼いたピザだなんて、何というぜいたくな食卓でしょう。

見ていたら久々にピザを焼いてみたくなりました。

このように、日常の暮らしを一生懸命に生きることが、幸せの秘訣だと教えてくれるのがこの番組です。

風景と音楽

私にとってこの番組のもう一つの魅力は音楽です。フランスのシャンソンよりも、イタリアのカンツォーネの方が、体中の血の巡りが断然良くなる私。イタリア音楽大好き!

番組のテーマ曲「L’appuntamento ラ・プンタメント」(逢いびき)が聞こえてくると、血が騒ぎ始めます。これを歌うOrnella Vanoniオルネラ・ヴァノーニの声がせつなく心に響きます。この曲は彼女の最大ヒット曲(1970年)。大人の女性感あふれる彼女の歌声~もうたまりません。

イタリアの小さな村の風景とこのテーマ曲が溶け合って、村の人たちの暮らしをドラマチックに仕上げていきます。日常の暮らしこそが本物のドラマなのだと教えてくれます。

さいごに

イタリアの小さな村に住む人たち。その誰もが悲喜こもごもの人生を生きています。それを田舎礼賛としてではなく、そこにしっかり根を張り生きている人の日常の姿、そしてその人としての歴史を物語るというこの番組。これからも見続けます。
BS日テレ小さな村の物語イタリア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です